リスク


Bitfinexのリスク

Bitfinexが閉鎖される/アカウントを停止されるリスクです。

Bitfinexは世界最大級の規模を誇る海外取引所です。 過去にハッキング被害を受けましたが、その影響で現在のセキュリティは非常に強固です。 世界一のビットコインの取引量を誇ることもあり、突然閉鎖されることは無いと考えられます。 また、世界的に仮想通貨のハッキングで資産が流出などはありますが、ドルのハッキングと流出は例がありません。 加えて、トレード用と貸付用のウォレットは完全に別管理されています。 (ただ、テザー疑惑と呼ばれるものがありますので、不安な方は確認されると良いかと思います)
よって、リスクは小さいといえます。


Coinlendのリスク

Coinlendが閉鎖される/アカウントが停止されるリスクです。

Coinlendはボットを提供するだけであり、APIに付与した権限も貸し出しに関するものだけであれば、 流出したとしても不正な操作はできません。またBitfinex側でAPIを削除すれば使えなくなります。
よって、リスクは無いといえます。


貸し倒れのリスク

貸した相手が返済ができないリスクです。

まず、約1年運用していますが貸し倒れになったことは1度もありません。ネットでも発生したというのは見つけたことがありません。 次に、Bitfinexの場合は2日から30日と短い期間かつ、分割数を十分に大きくして1人に数ドル程度にしておけば万が一貸し倒れても被害は極小にできます。
よって、リスクは小さいといえます。


為替のリスク

為替変動により、損害がでるリスクです

ドルで貸付を行うため、円に戻したときに、円/ドルの為替変動リスクを受けます。 これは海外資産である上では避けられないものですが、仮想通貨などと比べて変動は極めて小さいです。 最近では、むしろ資産の分散管理の観点から、円だけではなく、ドルに資産を分けておく人が増えています。
よって、リスクは小さいといえます。


価格変動のリスク

通貨の価値が変わることで、損害がでるリスクです

仮想通貨の場合は、通貨自体の価値が大きく変動しますが、法定通貨は変化しません。 そのため、本サイトでは仮想通貨のレンディングは一切行いません。
よって、リスクは無いといえます。


手数料のリスク

手数料が高くなり、損害がでるリスクです

基本的な手数料の考え方は、得られた利益の○%という形式をとります。そのため利益が小さければ手数料も小さくなり、損害がでることはありません。 coinlendのプランによっては週1ドルなどの固定額がかかりますが、投資額が大きく、かつ本サイトの推奨設定を行えば、マイナスになることはほぼありません。
よって、リスクは小さいといえます。


全体的な評価

安定して10%以上の利益を上げ続けるというメリットと比べたときに、本サイトの仕組みはリスクは十分に小さいと言えます。 一般的に10%以上の投資先は極めてハイリスクハイリターンになるため、原資割れも頻発しますが、そのようなことはほぼありえません。 ただし、管理人の投資経験と調査によって分析しているものになりますので、人によってリスクの考え方は異なります。

全くリスクがなく、絶対に成功するということを保証するものではありません。